プロ志望の方へ

プロ志望と取り組み方

 このページでは主に目標・姿勢・気の持ちようについて触れます。プロ志望と言っても圧倒的に歌手志望が多いので、基本的にボーカルに関しての書き方になっています。具体的な活動内容・サポート内容はサイドメニューからどうぞ。今のところ目的に限らずレッスン料は同じです。指導内容が細かくなったり厳しくなったりします。

1色々な目的・目標に対応

 ここでのプロ志望の対策方法・活動方法は色々あります。

1. オーディション対策

 各オーディションの対策です。審査する側は何を見て判断するのか、自分の特性と必要な能力を洗い出して対策しましょう。相手の立場で考えると何が求められるかは自然と分かります。オーディション提出用の音源の準備もできます:)

2. 自分で音楽活動

 自分で独自に活動したい人向けです。本人が必要だと思う部分、こちらが必要だと思う部分をレッスンします。音楽以外の制作物等もレッスン中に教えたりこちらで作業したりできますが、これが「音楽活動サポート」という形です:)

3. 楽曲提供で活動

 こちらはtOmozoによる楽曲提供などを受けて活動する「プロデュース」という形です。活動できるのは適性・条件が揃った人だけで、準備ができたらこちらからスカウトします。ここを目標に日々頑張る生徒さんもいます:)

2活動とレッスンの方向性

 まずどちらの方向性にしたいか確認します。プロ志望と言っても、いざ突き詰めて本人に確認してみると「趣味として継続している中でチャンスがあれば」という人もいれば「何が何でも今すぐ結果を出してプロになりたい」という人まで目標や熱量はさまざまです。

1. 生涯音楽コース

「プロは目指すが、結果は出なくても生き甲斐として楽しみながら活動を継続していきたいので、夢の無い話はしないで欲しい。」
→基本的に長所を伸ばす方法で、常に前向きな状態でマイペースに進めてもらうことができます。地道にでも続けていればどこかでチャンスがあるかもしれません。無理なくハイクオリティを目指してください。

2. 結果追及コース

「自分に音楽を仕事にするだけの適性があるか、現実的に判断しながら活動したいので、思うことは全部言って欲しい。」
→結果を出すには短所にも向き合う必要があります。音楽業界の仕組みの資料や、音楽能力の総合テストなども用意してますので、それを受けてレッスンを受けるか辞めるか・プロ志望を目指すか諦めるか、決めてもらうこともできます。

3「活動サポート」
と「プロデュース」

 音楽に限らず、適性が無ければその仕事に就くことはできないし、ギリギリ就けたとしても付いていけずに長続きしないでしょう。ここでは先ほどの方向性と熱量や適性に応じて、どれくらいのサポートをするかを分けて対応しています。でも音楽的能力が成長できればさえ、こういったコース分けに囚われなくとも「できることが増えていく」ので、自然と結果が付いてきます。本来はこれを目指して頑張るべきです。具体的な活動内容はサイドメニューから確認してください:)

1. 活動サポート

対象:「活動サポート」でできる内容は、どんな人でもレッスン時間内に取り組めます。能力が揃っていても生涯音楽コースの人はこちらです。
 →歌ってみた動画制作など、全部の作業は基本的にレッスン時間内で終わらせる。

2. フルプロデュース

対象:強いプロ志望で結果追及コースの人、尚且つ音楽能力や適性が揃っている即戦力の人。更に今実際に活動時間を作れる状態の人。
 →tOmozoが各制作やライブサポートなど、「レッスン時間外でも」動きます。

3. プチプロデュース

対象:完全趣味の生徒さんであっても、完成度の高いカバー演奏は公開したり、オリジナル楽曲の歌唱や、イベント出演を打診します。
 →tOmozoが個人的にやりたいものは個別に打診して取り組んでもらっています。

4プロに必要な音楽能力と適性

 では、音楽能力や適性とはなんでしょうか?この先はサイドメニューの別ページにて、具体的・現実的に説明しますので、結果追及コースの人は必ず見てください。生涯音楽コースの人は、自信の無い人やメンタルが強く無い人は見なくても良いです。時間に追われていないならば、少しずつ知っていった方が良いでしょう。見出しを紹介しておきます。

サイドメニュー
:各タイプ別「プロに必要な能力」

  1. 年代別-夢の持ち方 ~理想と現実~
  2. プロタイプ ~能力的プロ・商品的プロ~
  3. 表現タイプ ~Artist・職業歌手・アイドル~
  4. 頭脳タイプ ~感覚派文系脳・理論派理系脳~
  5. 原動力タイプ ~センス=感覚・スキル=技術~
  6. 歌だけで良い? ~楽器演奏・作詞作曲~
  7. 音楽能力 ~プロに必要な適性とは?~
  8. 今の時代に必要なこと~SNS戦略~
  9. 結論:歌手になるには?~オススメの方法~

 自分がどんな適性があるか分からない人は、趣味から始めて様子を見ればいいでしょう。自分がどの程度なのか、何が必要になるのか、自分がどういう行動をできるのか、気持ちがどう傾くのか。ここでの発表会に参加して、趣味教養でも上手に歌う人たちを見たり、ここで細かいレッスンを受けてみれば分かってくると思います:)
 フルプロデュースを希望の人・興味がある人は、体験レッスンの申し込みフォームに、チェック項目がありますのでチェックを入れてください。それを踏まえてレッスンしていきます。

コンデンサーマイク